福岡操体法スタジオ (yahoo!ブログから移転)

九州は福岡に操体法スタジオを開設しました。さまざまなアレルギー発作や肝臓病を生活改善で、回復不能といわれたムチウチを操体法で対応した自身の体験も紹介。施術や講習会のお問合せは080-1720-1097 メールfukuokasoutaihou★yahoo.co.jp(★→@)へお寄せください。

家族の意見とテレビの意見は、ほぼ同じ。一致してます。
でも自然医学の現場では、ちがう意見や話がドンドン出てくる。
そのたびに自分は冒険することに、してた。

ほんとにおかあさんの言うことが正しいのかな。
ほんとにテレビの言うことが正しいのかな。
それとも・・・。
ほんとはどうなのか知りたくて、私は冒険しました。
いつもいつも同じ定食を食べ続けて、
それ以外のチョイスは振り向きもしなかったのが、
いきなりまるで違う料理を食べてみたい、っていう心境。


冒険っていうのは、ひとりになってしまうから、ちょっと孤独。
そしてちょっと罪悪感。ひとに白い目で見られます。
「なあにやっとんじゃ、あのボケが」
でも結果を見ると、周囲の言ってることとぜんぜん違ってる。
違う結果が出てるのに、家族もテレビも知らんふり。
「たまたまラッキーだっただけだよ」「次はないぞ」
でもそのラッキーは続くんです。
続くなら単なる偶然ではないでしょう。
そこで初めて、系統だった理論について、知る必要を感じます。


自分だけじゃなく、周囲の冒険家のひとも、ラッキー続き。
ここまで続けば、ふつうのこと、
むしろ当たり前のことじゃ、ないのかなあ。
そう思うけど、だれとも話が通じないし、
だれも関心を持たないし、ちょっと孤立感。
つまんないな。(つづく)


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

一時期、操体法と、家族との板ばさみになってた。
いろんなことで摩擦が生じ、
どっちをとるか非常に迷うことが増えてきた。

たとえば病院で手術してもらうか、見守るか。
足の親指が化膿して真っ赤に腫れたとき、
自然医学の立場では、
できるだけ最後まで手出しせず見守る。
けれど家族は大騒ぎする。
「病院で切開して、膿を出してもらって、
抗生物質を飲んで、ってやらなきゃ死んでしまうよ」
ん~家族がこのままじゃ死ぬって騒ぐんですけど・・・って、
相談します。
「そのくらいで死ぬっていうのは、
よほど体力がなくて弱ってるひとだけだよ(笑)」
「でも義理立てしてまでがんばる必要ないよ(笑)」
「個人の自由だよ(笑)」


「さっさと病院行きなさいッ」と親に言われたら、
「ハイ」と二つ返事で病院に行ってた私。
でも、「病院には、いつでも行ける」と初めて思った。
あのとき初めて自分で決めた。
家族からどれだけバカにされても、
先が見たくて病院に行きませんでした。(つづく)


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

操体法って感動なんです。
デモンストレーション見学していると、
じつに
さまざまな記憶がよみがえってくる。
自分が施術で受けたやり方もあるし、
ほかのひとの施術で見させてもらったやり方も出て来る。
「ああ、あのときの、あれね」
「ああ、そういう意味があったのか」
1粒で二度三度と、感動が加わります。

あのとき、あのひとが、ああいうことで困ってて、
それがあの操法で、あそこまで変わった。
その場で変わるところを、いくらでも見せてもらった。
まるで手品。どれだけ見ても飽きません。


足指一本一本の、関節にあるコリを、
ケアされたひとは、固まってた腰が瞬時にゆるみ、
操体法の姿勢を、何とかとれるところまでになった。
そうです。
操体法をやろうにも、うつ伏せダメ、仰向けダメ、
しょうがないから、そのひとの可能な姿勢で、ってことが、
とにかく多いんですね。

足の指のコリが、どれだけ全身に影響してるか、
論より証拠で見せていただき、
感動とともに、記憶に深く残っていきます。
こういうの、最高の勉強です。
暗記する努力が勉強じゃなくて、
感動とともに、結果的に強く、瞬時に記憶に刻みこまれる。
そういうのがほんとの勉強だと思いますね。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

「足の指の一本一本に、ゴマ粒ほどのコリがあります」
その第一声に、
「は?」って思うひとあり、
「うんうん、そうだよね」って思うひともある。

デモンストレーションを見てるうちに、
「あ、あのことね(^o^)」とピンときた。

腰の曲がったひとを、ずいぶん以前になりますが、
指導所にお連れしたことがあります。
圧迫骨折が二か所あって、
当時の自分もがんばったけど、少々限界を感じました。
こんなとき、自分ひとりで抱え込んでしまうと、
患者さんの治癒回復の可能性を、
せばめてしまうことだって、あるものですから、
患者さんに「治りたいですか」と意思を確認のうえ、
経験ゆたかで頼りがいのある指導者に相談し、
ご家族とともにお連れしました。
杖をついて歩くことが、何とかできておられたので、
可能性は感じておりましたが、
そのとき最初に取りかかられたのが、
足の指一本一本の、ゴマ粒サイズ、砂粒サイズの、
コリのケアでした。(つづく)


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

腹式呼吸法やったらいいですよ、って操体法の本にある。
そうか操体法でも呼吸は大切なのかと思いましたが、
自分は呼吸法やってると力んでしまう。
「ハイ呼吸法おわり(^o^)」って思ったとき、
やれやれ(^o^)ってリラックスしますから、
よけいな力がどこかに入ってる証拠です。
丹田を意識してるつもりが、
胃のあたりを緊張させて胃を傷めるひともあると、
どこかで耳にはさんだものだから、
間違ったことやるくらいなら、やらないほうが無難かと思ったり。
でも取り組まないとダメな呼吸ってのもわからない。
体のバランスが自分の感覚でつかめるようになったころ、
やっとコツがわかりました。
「こうしよう、ああしなきゃ」とコントロールするよりむしろ、
自分の中に空気が出たり入ったりしてるという事実に、
そっと意識を寄り添わせ、
どこを、どう、空気が出入りしてるのか、観察を続ける。
すると呼吸はオートマチックにととのってくる。

浅く、粗っぽく、どこかでつっかえたり、
通りがよくないところがあったり、
左右の鼻の穴に均等に出入りをしてなかったり、
そりゃイロイロ気づく点があるわけですが、
気づいた瞬間に、呼吸が切り替わり、
しだいに静かで深い腹式呼吸になってたりします。

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

もうずいぶん以前のことになりますが、
お食事の席でコリのサイズが話題になった。
ゴルフボールくらいのサイズもあれば、
米粒サイズ、もっと小さい砂粒のようなコリも、あるんだよって話を、
「え~、まさかあ~」って笑い転げて聞いてた私たち参加者でした。
「いや、ここに、こういうところ、ホラ」って、
自分のを触れてもらっても、
「え~どれどれ」とひとのを触れさせてもらっても、
まるでさっぱりだったんだよな。
よっぽど、どうかしてたと思うよ、あのころ。
言われたこと何もかもチンプンカンプンで、
冗談か、ウソか、くらいにしか思えなかった。
こんなにハッキリ、指先で触れば誰だってわかるじゃないの、って思うけど、
どうだろう。こんどのお話し会で参加者にやってみてもらうかな。

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

どこでどれだけ調べてもらっても、
「原因不明」と病院で告げられたとき、
あなたは何を思い、どう考えるでしょうか。
「しゃあない」で済ませられるケースもあるでしょうけど、
「原因不明で医者は済ませたつもりでも、
うちらはそれでは済まないよ」って場合もあるでしょう。

わたしは追突事故でさまざま深刻な症状に見舞われ、
「なぜこんなことになるか」と疑問をぶつけてまわりましたが、
「ああムチウチだ、治らんもんね」で済ませられちゃあ、
たまったもんじゃない。
ムチウチと言われるだけましですか。
「原因不明」と同じく何の役にも立たない診断。

不明な原因により、さまざまな症状が出る。
症状のいくつかを適当にまとめて病名つけて、
いずれにせよ有効な手立てはないと告げられる。
操体法の現場に行くと、
「筋肉のコリだよ(^o^)」と原因を言い渡され、
「ほら、こういうコリがゆるめばいい(^o^)」と対処を教わり、
「あらゆる症状の原因は、
突き詰めるとコリしかないんだよ(^o^)」
「なぜならコリは神経伝達をさまたげるからね」
「血流の妨げにもなるからね」
いともアッサリです。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください

ひとの認識作用は物質の現象にも影響を与える、
ということが物理学の世界で言われて久しい。
誰が、どのように観測するかってことが、
観測対象の状態を左右するという。

そんなバカなこと、だれが考えるかって、
ずっと自分は思ってきたけれども、
ずっと考えて生きてくうちに、
ひとの認識という不完全きわまるものを通じて、
手探りすることしかできない自分というものを、
つくづく実感するようになった。
自分の頭で考えるような世界のありかたというものは、
まず、あり得ない。
宇宙に向けて観測機械を製造し、
実験を繰り返したところで、
観測しようとする宇宙そのものが、
もともとそのような観測でとらえられるものではない、
いう可能性も、考えていくうちに私などにもわかってくる。


だからせめてひとに施術しようというときは、
自分の体に責任を持たないとね。
バランスのよくない、体の固い状態で過ごしたら、
多少なりとも周囲によくない影響を与える。
自身がすっきりした体のバランスをしていれば、
一目会っただけで心が洗われるというひとも出てくる。
バランスのよいひとや、エネルギー値の高いひとには、
ただ触れてもらうだけでコリがゆるんで治っちゃったりする。
それも自然で当たり前のことでしょう。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください

自分は18歳からヨガをやったから、
30歳で操体法に切り替えたつもりでも混ざってしまう。
ヨガでつくった身体感覚をベースに、
操体法をやろうとするものだから、
おかしなことになったけど、自分でもどうしようもなかった。

英語をふだん使っていたひとが日本語を学んでも、
英語の発音で日本語を話すのと同じでしょうね。
英語に日本語の「らりるれろ」はないんです。
しょうがないから、
[ la li lu le lo ]か[ ra ri ru re ro ]で代用してる。
10年やっても「らりるれろ」にならないひとは多い。
それと同じでヨガやってたひとは、
10年操体法をやってもヨガの動きをやってたり、
学校の体育でラジオ体操やったひとも多いから、
その動きのクセというのは残ったままです。(つづく)

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

ヨガの呼吸に「クンバカ」っていうのがある。
息を吸ったあと、しばらく止める。
ヨガ教室で、みんなで何となくやってたけど、
どういうことか、サッパリ意味がわからなかった。
呼吸を止めて何の役に立つの。
わからないまま実習してた。
呼吸法って、間違ってやると危険ですよって本に書いてある。
指導者立会いのもとで、っていうけど、
他人の呼吸がどうなってるかなんて、調べようもないから、
ただみんなでやってるだけでした。

バンダ、っていうのもわけがわからない。
お腹をひっこめるんです。
ウディヤーナ・バンダっていうんですけど、
なぜか自分は小学生のときに、
あばら骨のかたちが浮き出すのがおもしろくて、
ヨガなんて知らないときから遊びでやってた。


ぐうっと締め付けたあと、ゆるめて脱力すると、
たしかに血流が回復する。
それがよさそうだというのはわかるのですが、
どのあたりに、どのていど、
どのような緊張をつくればよいのか、
どのようにゆるめればよいのか、
指導を受けても具体性がなくて、
あんまり勝手にやってると、
おかしなことになるといわれてる。
わからずにやるから、
どんな影響が出ているか、わからない。
おかしなことになってるひと、少なくないらしい。(つづく)

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

このページのトップヘ