福岡操体法スタジオ (yahoo!ブログから移転)

九州は福岡に操体法スタジオを開設しました。さまざまなアレルギー発作や肝臓病を生活改善で、回復不能といわれたムチウチを操体法で対応した自身の体験も紹介。施術や講習会のお問合せは080-1720-1097 メールfukuokasoutaihou★yahoo.co.jp(★→@)へお寄せください。

肝炎の治療には、
ウイルスを殺すやり方と、
ウイルスを攻撃せず、
出てきた症状に対応するだけの、対症療法があった。

私の知人は、ウイルスを全滅させましょうという、
積極的な医者の方針に従った。
その結果、ウイルスが倒れる前に、
薬の副作用で倒れてしまった。
私のかかった医者は、「どうせ治らないから」と、
最初からあきらめた様子で、
毎月病院に顔を出すだけでよろしい、って消極的な方針。


キャリアのひとは、自分の身近にもけっこういて、
献血のときなどに偶然、感染が見つかったひともある。
知らないうちに抗体までできてたというひとも、ある。
感染が見つかったからといって、今さらジタバタしても、
トラブルは元からなく、状況がよくなるともいえない。

知らず知らず、体は防衛してくれている。
そうでなければ、とっくの昔に人類は滅亡してるでしょう。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

キャリアといわれるひとびとのこと、知ってますか。
キャリーバッグのキャリーと同じで、
キャリアは「運ぶひと」という意味です。


私の子供時代は、学校で受ける注射は回し打ちで、
一本の注射を3~4人連続で使ってた。
知らないうちに感染が広がり、
日本国内では百万人といわれますが、
肝炎ウイルスの運び屋になってるひとは、
もっともっといるでしょう。


私が生まれたころに病院で出産したひとびとの大半は、
血液製剤を注射されてるようです。
回復が早いとかなんとかで、標準治療だったのかな。
その血液製剤注射により、やはり肝炎の感染は広がった。
気づかないままキャリアのひとはいると思われます。


感染に気づかないのは、
トラブルが何も起こらないからです。
気づかないうちに免疫抗体まで、
できてるひとも、います。
私の感染が判明したのは、肝臓病で倒れたから。
ムリな生活を数年続け、胆のう炎を発症した後に、
さらにムリを重ねた結果、倒れました。
ウイルスがいたから倒れたという証拠は、
どこにもありませんでした。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。



いつも通ってる温泉(^o^)なにげにひとが少なくなってきた。
譲り合いしてた共用のドライヤーとか、鏡の前の座席とか、
使うひとも少なくなりました。
それでも続ける自分のようなひとも、けっこういて、
鏡の前でドライヤー、つこうてはる。
楽天的というか気にしないというか、自分もその一人ですが、
親しげに話しかけてくる方もおられ、
「いまどき、めずらしいなあ」と思う。
先日行った食料品店は、ひとが何気に離れていくんです。
半径2メートルくらいの距離を保とうとしておられる。
隣のひとと同じものを手に取ろうとしたら、さっと離れてく。
距離をね、気をつけてるみたい。

学校で全員にインフルエンザワクチンを接種していた時代に、
わたしは学校に通っていました。
1本の注射を3人くらいで回し打ち、
ほんとにイヤだったけどね、「イヤだ」って言えなかったな。
そのうち学校でワクチンを打たなくなった。
理由は、なぜだと思いますか。
あるお医者さんが疑問に思い、いろいろ調べた結果、
ひとは知らないうちに感染し、知らないうちに免疫つくってる、
それがしぜんで、症状出るか出ないか、それはそのとき次第。
そんなことが、わかったんですって。
それで草の根的な運動が始まって、学校での接種は、なくなった。
ワクチンは、ある一定の割合で、
健康なひとを、一生ダメにする後遺症が、かならず発生する。
リスクのある行為だから、個人の自由も尊重してほしい、
そんな話だったと記憶しています。
記憶違いかもしれないので、関心ある方は確認してください。

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

穀物はぜんぶ甘い。それを自然の滋味という。
ブドウ糖はエネルギーの源。重要な栄養、甘い味がする。
高血糖はいけない、っていうあまり、
ブドウ糖わるいやつなんだ、みたいなイメージだけど、
糖尿でこわいのは急激な低血糖発作。
糖が不足して手足のふるえ、意識喪失で倒れることも、ある。
だから糖ってのは、トテモだいじだってこと。
しかしブドウ糖の補給もいろいろあるから、
やり方まちがうと、機能が健全さを失うよ、ってことですね。
もう一度言いますが、糖がわるいんじゃない。
糖の摂取のやり方がマズイ、ってことですよ。

米飯って甘い。噛めば噛むほど口の中で甘くなる。
ところが麦製品は、
噛んだからといって、ほとんど甘くなることはない。
ちと物足りなくて、米飯やめたら慣れるまでつらいけど、
口の中で噛むくらいでは、麦は甘くならない。
ってことは、麦類ほどゆっくり糖化するでんぷん食はなく、
すい臓にやさしいブトウ糖食だ、ってことになりますね。

サイトで検索したら、自宅で血糖値を測って実験している方も多い。気になる方、ぜひ調べてみてください。



操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。


自分は苦学して5浪した。
芸大受験3年、残り2年は国立大文系、
じつにつらい5年だった。
何がつらいって、迷いです。不確定です。
合格するかしないか、先にわかることではない。
わからないまま年月を過ごすのは、
ちょっと気弱なひとだと自滅する。

芸術系3年やっていて、
「このひと受かる」と言われてたひとが不合格で、
「このひとダメだ」と言われてたひとが合格するのを、間近で見た。
芸術系を離れ、
ガリ勉することに切り替えた。
芸術系の大学を落ちまくった後だから、
落ちる不安と恐怖に耐えられなくなっていた。
浪人最後の年、ガリ勉のエネルギー源は、恐怖。
発狂に近い状態でガリ勉。
試験日が苦しみのマックスで、
「死んだほうがいっそましだ」とさえ、思う。

先に結果がわかっていれば、
一寸先が闇でも光でも、よけいな苦しみはなくて済む。

しかし先の結果なんて、預言者でない限り、誰にもわからない。ぜったいわからないことを、あれこれ考えるのは、一番苦しく、エネルギーを奪われて、不毛なことなんですね。
ウイルスについても同じじゃないかと思われる昨今です。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

体操教室に、プールにと、20年通い続けたご高齢の方ですが、
コロナのことで教室もプールも閉鎖され、
「はやくおわってほしい、はやくおわってほしい」と、
事態の終息を祈るように待っておられるのですが、
ただ待つというだけでは限界ありそうです。

「ただ終わればいいという消極的な姿勢では、むずかしいかもね」
って話に、先日なりました。

ひとりで行動するのが苦手で、
苦手を自覚するきっかけもなく、とくに克服に取り組むこともなく、
ここまで年を重ねてきた方には、試練でしょう。
ひととの接触が感染源とされ、
できるだけひととの交流を避けたほうが安全、
ってことになると、ひとに頼りにくい気持ちも生じる。
自分のまわりに壁がはりめぐらされたような気持ちに追い込まれやすい。
精神疾患を持っていらっしゃる方にも、
今回とくに、つらいことになりそうです。


ひとは変化に弱い。そう感じます。
ウイルスにやられる前に自滅みたいなことにならないよう、
各自の弱点を見据えて、対策をこらす必要ありそうです。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。




新人には、「バカっぽい質問、今のうちにやっとけ」
って、そそのかします(^o^)
操体法歴が長くなると、
「自分で調べろ」「考えろ」となることもあり、
新人なら、おもしろい返事が聞けるかもしれない。
そして先日、まさにそんなことが起きました。

「お肌がきれいになる方法ってあるんですか(^o^)」
うわ~、そんな大胆な質問、いまだかつてしたことない。
美容のことは命に関わることじゃないしね。
どんな返事がかえってくるかなと思ったら、
「おお、あるよ(^o^)」
「えっ」と一同、目をむきました。
誰にも思いつかない、素晴らしい方法で、
お金もかからず、カンタンに、すぐにでも実行できる。
参加者みな大喜びでメモをとりました。

「これって~肌がきれいになるだけ、じゃないですよね」
「肌だけきれいになるって、そりゃおかしいもんね」
「もっといい効果も、ついてくるんでしょ」
長く操体法やってるひとたちの間から、そんな声も出ます。
「そう。全身に塗ると毒素が分解される。
その結果、肌がすべすべきれいになる」
おおっ、とどよめきがあがり、
「1年続けよう!実行したひとたちだけ、お肌きれいになるかも!」


こんなこともありますので、
新人の方は遠慮なく、どんな質問でも出していただくと、
我々みんな助かるんです(^o^)



操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

事故で片ほうの視力を失った方が来られ、自分も眼帯つけて疑似体験した。
いろんな発見もあるので、ぜひやってみてください。

見えるほうの目が光に反応し、きょろきょろと見る方向を変え、
そのたびに眼球を動かす腱や筋肉が、伸縮し、運動するわけです。
しかし見えないほうの目は、ほぼリラックスしたままで一日を終える。
その左右の運動の差が首のコリ、肩こりなどに現われ、疲れも出る。
体の調整をおぼえて日常的に活用していただきたいと思う。

目だけの問題でなく、平衡感覚も、足元がおぼつかないというか、
全身の運動にまで差支えがある。
ひとにもよく突き飛ばされるそうで、
人影が見えない、目の届かない範囲が増えますね。
外出時は白い杖をこれみよがしに持ってると役に立ちそうだけど、
逆に狙われることだって、あるかもしれません。
白い杖を使うことに心理的な抵抗感も、生じるかもしれず、
一人でも付き添いの方がいてくれたら、どんなに心強いことでしょう。

操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。



利き手が右手のひとと、左手のひとと、
外から体の違いはわからない。
しかしバランスは逆だから、体の使い方はぜんぜん違う。

試しに片手で人差し指を立ててみる。
顔の前で「ここらが左右均等、真ん中だ」と思うところに位置を調整する。
右目から見ても、左目から見ても、
人差し指が同じ位置に見え、ほんとに真ん中ならすごいけど、
けっこうズレてるもんです。

利き手が右のひとの体のバランスは、
利き目を右にするバランスでもあるらしい。
利き手が左のひとの体は、
利き目も左にするバランスでもあるらしい。
百パーセントそうではないのですが、
利き手と利き目が同じ側になる割合は、大きい。

ということは、左右の目の動きで、
体のバランスを調整することも、可能だということになりますね。


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。

ローソクの炎でコリの状態が変わるよと教えていただいたのですが、
今朝ふと思いついて、首のコリを探してみました。
根深いのがあるんですヨ、これが。
こういうのには一生つきまとわれるかもしれないけれど、
実験のときは大いに役に立つ。
圧痛点、それも最大のやつ、あります。
そこを確認しておき、炎を見つめる・見つめない、やりながら、
最大圧痛点が変化するか、コリの固さが変化するのか、
注意深くやってみました。

さいしょからハッキリとはわかりませんでしたが、
繰り返すうちに勝負はついた。
考えてみたら当たり前の話。
少々暗い部屋の中で、明るい炎を見たら、
眼球は明るさに反応し、周囲の筋肉バランスも変化する。
変わらないわけ、ないんだな。
ただそれが、有益なのか、無益なのか、有害なのか、
みたいな確認が、操体法やってるひとなら、できますね。

片目ずつ使ってコリの変化を確認する、それは応用です(^o^)


操体法の体験・指導・施術をご希望の方はお問合せ・ご予約を受付けています。(初回三千円、以降二千五百円のみ)お話し会を実施しています。講習会については日時などお問い合わせください。




このページのトップヘ